格安SIM ガラケー

格安SIMとガラケーの一番オトクな組み合わせは?

MENU

SIMフリーのガラケーはある?格安SIMとガラケーの一番オトクな組み合わせは?

最強の格安スマホがブームとなっていてSIMフリーのスマホやタブレットといった端末もたくさん販売されていますが、SIMフリーの「ガラケー」はあるのでしょうか?通信費を安くする、格安SIMとガラケーの一番おトクな組み合わせは?

 

ガラケーでも格安SIMは使える?

格安SIMフリーというと、スマホやタブレット端末などに挿して通信費を安くする、というイメージが強いですが、実はガラケーでも格安SIMは使えます。ガラケーでも格安SIMが使えれば、今ですら安い携帯代がもっと安く済むかも…!?と期待が膨らみますよね。

 

結論からいいますと、使えるには使えるのですが、スマホと同じように何でもできるというわけにはいきません。ガラケーで格安SIMを使った場合には、音声通話やSMSは可能になりますが、データ通信については使えません。つまり、ガラケーでいうとiモードやEメールなどは使えない、ということです。

 

なぜできないのか?といいますと、APNの設定ができないためです。APNというのは、アクセスポイント・ネームのことで、携帯電話ネットワークに接続してデータ通信を行う際に必要となる接続先を指定する識別子のことです。家庭のパソコンでインターネット接続する際のプロバイダの設定にあたるもので、アンドロイドスマホはAPNを自由に変更できますがガラケーの場合には変更できません。APNはデータ通信時に必要になるものなので、データ通信はできないけれど、音声通話やSMSはできる、というわけです。

 

ガラケー×格安SIMはこんなにオトク!

では、ガラケーで格安SIMを利用した場合、どのくらいおトクになるのでしょうか。ガラケー+格安SIMですと音声通話とSMSが利用可能ということなので、これを一般的な格安SIMのプランにあてはめますと、音声通話対応SIMのプランになるかと思います。しかし音声通話はデータ通信専用SIMの基本プランにプラスする形ですのでデータ通信ができなくてもついてくることになってしまいます。また音声通話利用の場合には20円/30秒の通話料が使った分だけかかってしまうので、通常の格安SIM利用ですとガラケーにプラスすると逆に割高になる可能性があります。

 

そこで、携帯電話専用の「携帯電話SIM」というプランを取扱うのがb-mobileです。b-mobileでは「携帯電話SIM」という音声とSMSだけの通話に特化したSIMカードを扱っています。他の格安SIMにはない、無料通話もついてきますので、ガラケーでたくさん通話するという方にもおすすめです。機種変をして使わなくなった携帯電話をまた使うことができるのもメリットですね。

 

会社

docomo

DMM mobile

b-mobile

プラン

カケホーダイプラン

通話SIMプラン(1GB)

音声プランS

料金

2,200円

1,260円

1,290円

通話料

0円

20円/30秒

20円/30秒

無料通話

かけ放題

なし

1,300円(32.5分)

最低利用期間

2年縛りあり・自動更新

12ヶ月

10ヶ月

解約手数料

9,500円

9,000円

9,000円

 

これをみますと、カケホーダイプランのdocomoは確かに魅力的ですが、そこまで通話を毎月使わない、という方にとっては1,200円台の格安SIMのほうが1,000円もオトクですよね。全く電話しないという場合にはDMM mobileが一番安いですが、しかしデータ通信が使えないため無料通話アプリなどに頼ることができないと考えると、多少の無料通話がついている携帯電話SIMは魅力的です。

 

またこちらの携帯電話SIMはキャッチホンや留守番電話がオプションでつけることができ、国際ローミングや国際電話、迷惑電話ストップサービス、転送電話などといったオプションがついています。キャリアメールは使えなくなりますが、メールはSMSで十分、というのであれば十分「携帯電話」として使い回せます。

 

格安SIMで使えるガラケー端末は?

格安SIMで運用できるガラケー端末は、何でもいいのでしょうか?やはり端末はどれでも使えるというわけにはいかないようです。

 

使える端末はdocomo端末のガラケーやSIMフリーガラケーです。ただし、SIMフリーガラケーは2015年6月現在ではありません。freetel Simpleという業界初SIMフリーガラケーがあるようですが、発売が延期になっているということです。docomoの2011年4月以降に発売した携帯電話なら、docomoショップでSIMロック解除をしてもらえるようです。

 

スマホとガラケー、2台持ちでもこんなにオトク!

しかし、いくら携帯代が安くなっても、ガラケーだけだとLINEやデータ通信ができないのはちょっと…という方にはガラケーとmvnoスマホ、2台持ちもおすすめです。例えば、そう多く使うわけではないけれど地図の検索をしたり待ち時間にちょっとネットを見たり、TwitterやLINEをしたりといった使い方であれば、1GBくらいのデータ通信SIMであればいいでしょうから先ほどあげたDMM mobileですと月額660円です。携帯電話SIMのプランが1,290円でしたので、合わせても2,000円以内で納まります!

 

ガラケー+格安スマホでお使いの方も多いですが、通話の使用頻度によっては格安ガラケー+格安スマホもかなりオトクです!自分はあまり電話はかけないしデータ通信もあまり使わないけれど、両方とも多少は使うかも、という方はぜひどのくらい安くなるか計算してみてください!