今週の借金スレまとめ

金利格安高額融資!
そんな広告を見たことはありませんか?
雑誌の裏表紙にもありますしスポーツ新聞では特によく見る広告です。
気を付けなければなりません、それは貸します詐欺である可能性があります。

 

安心できるキャッシングだと思うかもしれません。
魅力的な言葉ばかりが並んでいるはずです。
消費者金融の場合、金利が格安になることはありません。
下限の金利は4%台になることは珍しくはないものの上限金利は18.0%になります。
これ以下となるものはプロミスが唯一の消費者金融となっており17.8%、これ以外はないと考えて間違いありません。

 

貸します詐欺というのは怖いものです。
広告に書かれている電話番号に電話をしたときから恐怖が始まります。
信用力があるかを判断するために融資実績が必要だという内容を言ってくるでしょう。
つまりほかの消費者金融で借り入れろということです。
これを提携先の消費者金融として伝えてきますがそれはまったくの嘘です。
借り入れた金額をどうするのかと言えばそれを郵送しろと言い出します。
間違って郵送しようものならそのお金は帰ってきませんし二度と連絡がつかなくなります。

 

正規の消費者金融では契約をするにあたって手数料がかかることはありません。
魅力的な宣伝文句に惑わされることなく安心できるキャッシング業者を探しましょう。
簡単なことです。
大手消費者金融であるプロミスやアコム、アイフルなどを選べばいいだけの話です。

 

続きを読む≫ 2014/09/02 09:54:02

キャッシングと言えばどんなものがあるのかご存知でしょうか。
銀行系、消費者金融系、そして信販のクレジット系と大きく分ければ3種類です。
その中からどのキャッシングを選ぶのか、時間がないとしても考えなくてはなりません。
一回で完済できる金額を借りるのであればまだしも、返済回数を重ねるような借り入れをするときには必ず比較をしなくてはなりません。

 

消費者金融はキャッシング専門となっていますので利便性は高くなります。
申し込みも即日融資の方法が豊富にあり、借り入れも返済も利用者にとって便利なものがそろっています。
使い勝手が良い反面、消費者金融のキャッシングは金利が高くなっていますので一刻も早く完済ができるキャッシングの場合のみ利用した方がよいでしょう。

 

銀行系と言えばやはり金利が低いことが最大のメリットです。
総量規制もありませんので大口の借り入れで返済が長引く場合には金利の低さは後々に非常に助かるものとなるでしょう。
今では即日融資が可能になっている申し込み方法がある銀行カードローンもありますのでそれを考えるとデメリットは少ないようにも感じます。
しかし返済やキャッシングは利用できる場所が限られていますので利便性の点では高くはありません。

 

クレジットカードにもキャッシング機能がついていますが返済はリボ払いになりますので返済総額は高くなる傾向にあります。
現在はクレジットカードでもキャッシング専門というカードが出てきていますのでこちらは金利は低く消費者金融のように使いやすいカードになっています。

 

続きを読む≫ 2014/09/02 09:54:02

インターネットからの申し込み可能!
即日キャッシング可能!

 

こんな広告はよく見かけますね。
インターネットからの申し込みができ、そして即日キャッシングが可能である。
そう見て取れる宣伝文句です。
しかしこれは二つの宣伝文句であると考えておかなくてはなりません。
インターネットからの申し込みは可能、そして申し込み方法によっては即日キャッシング可能、そう考えなくては急な出費で今すぐ借り入れをしたいというときに残念な結果になりかねません。

 

インターネット申し込みで即日キャッシングは確かに可能です。
ところが夕方に思い付いたのではこれは即日キャッシングはかなり厳しくなります。
インターネットを利用して即日キャッシングをするためには振込キャッシング以外の方法はありません。
店頭窓口や自動契約機でキャッシングカードを受け取ることができるのであれば利用できるatmは多くありますので契約さえできればキャッシングはいつでもできますが、インターネット申し込みではキャッシングカードは後日郵送、つまり当日は手にすることができません。
そのため当日にキャッシングをしたいのであれば自分の指定した口座に振込キャッシングを行うこととなります。

 

ここが一番の問題点です。
14時30分ともなれば振り込みが翌営業日に繰り越されることは普段の銀行の利用の中でご存知でしょう。
これは消費者金融が顧客の口座に振り込みをするときにも同じことが言えます。
時間を考えなくてはネットキャッシングの即日融資は失敗しかねませんので注意が必要です。

 

キュートミー購入お申込みはこちらcomhtml
続きを読む≫ 2014/09/02 09:54:02

インターネット専門ともいえる消費者金融が増えてくる中、かたくなに有人店舗をもっているキャッシング会社もあります。
アコムはダントツに店頭窓口が多く、新生銀行となりましたがレイクもお客様サービスセンターを持っています。
プロミスでも自動契約機は多いものの店頭窓口も多くなっています。
こうして見てみると大手消費者金融ではいまだに有人店舗を多く持っていることがわかります。

 

有人店舗があるということはそこに消費者金融のスタッフがいるということ。
これがどのように使い勝手がいいのかを考えていきましょう。

 

まず第一に言えるのは申し込みから融資までが早いということ。
自動契約機も同じように早くはなっていますが、手続きのすべては担当者が行ってくれるということもあり申込書に記入をすることと質問に口頭で答えること、そして契約書にサインすること程度が店頭窓口での申し込みになります。
時間がない時にこそ活躍する申し込み方法となるでしょう。

 

もう一つ、ぜひ活用してもらいたいのは相談できる場所であるということ。
どんな相談になるのか不思議かもしれません。
しかし利用してみるとわかるものです。
消費者金融はその業者ごとに返済方式が違い、それによって利息の支払いも変わってきます。
返済の計画は綿密に立てておきたいものですが諸事情からそうもいかないこともあります。
スタッフはキャッシングを専門に扱っていますので返済の計画の立て方でも良いアドバイスがもらえるでしょう。

 

アコムの審査はこちらからnetnee
続きを読む≫ 2014/09/02 09:54:02

金利を考えるとやはり借り入れは、銀行からが一番だというのが一般的なイメージとしてあるでしょう。
しかし収入証明が不要なキャッシングは、消費者金融からでも損はそれほど大きなものにはなりません。
とはいっても50万円以下であれば大きな金額になる可能性もありますので10万円以下として考えてみましょう。

 

消費者金融で借り入れをして金利が18.0%です。
銀行からの借り入れでも10万円以下となれば金利は14.0%ほどです。
月に2万円の返済と単純計算すると5回の返済回数、つまり5か月で完済できると考えてみましょう。
その時の利息はどのくらいになるのか計算してみます。

 

利息の計算は「借入残高×金利÷365日×借り入れ日数」です。
これを当てはめてみます。
消費者金融からであれば10万円×18.0%÷365日×150日、5か月の利息は7,397円となります。
銀行からであれば10万円×14.0%÷365日×150日、5か月の利息は5,753円。
その差は1,644円。
大騒ぎするような違いではないことが分かります。

 

金利金利と騒ぎ立てるのは借り入れ金額が大きくなってからということです。
利息の支払総額に何万円もの違いが出てくるのであれば考えものではありますが、1,000円台で済むのであれば気に病むものではありません。
それよりも返済がしやすく手数料がかからないことに注目しておいた方がよいものです。
消費者金融はその辺のフットワークはかなり軽くなっています。

 

続きを読む≫ 2014/09/02 09:54:02